日本サービスマナー協会ブログ
マナー講師養成講座・コーチ養成講座などの認定講座や電話応対研修などの各種社員研修を実施しています。
【日本料理の美味しいいただき方】

【日本料理の美味しいいただき方】

日本料理のいただき方について紹介しましょう。

・前菜…懐紙で受け取るか、器が小さければ器を手に持っていただく。
・吸い物…左手で椀を押さえて、右手で蓋をとる。蓋についたしずくは椀の中に落としてから上向きにして左手で受け、右手に持ち替えて右側に置く。吸い物以外でも蓋物は同様にする。蓋は受け皿代わりにもできる。一口汁を吸ってから椀種に移る。いただき終わったら蓋を元通り椀に戻す。
・生物…味がついていることもあるが、通常は醤油を入れた小皿(猪口)が添えられている。わさびなどは醤油に溶かず、刺身につけてから、醤油を少しつけて、猪口を持って口に運ぶ。
・焼き物…魚が一般的で、切り身と尾頭付きの場合がある。切り身は端から一口大にとりわけながらいただく。尾頭つきの場合は、ヒレをはずし、頭のほうから取り分ける。肩身をいただいたら、裏に返すことなく、骨を浮かしてはずし、下の身をいただく。いただきにくい魚には、おしぼりが添えられているので、指を使っても良い。骨など残った物は中央に集めて、懐紙をかぶせる。
・煮物…蓋があれば吸い物の要領で取り、箸で一口大に切り分けていただく。汁があれば、器を持って合間に味わう。
この後、揚げ物、酢の物、茶碗蒸しといった強肴が出される場合があるが、それで料理が終わるので、お酒はここまでとする。
・ご飯、留め椀、香の物…左にご飯、右に留め椀、向こうの中央に香の物が出る。ご飯のお代わりは、一口ほど残して茶碗を差し出し、箸を置いて待つ。ご飯がよそわれてきたら再び両手で受け取り、一度膳を置き、改めて持ち直していただく。受け取った茶碗を、そのまま口に運ぶのは「受け食い」「受け取り」といわれタブーとされているので注意する。
・果物(水菓子)…通常はすぐにいただけるように処理されているが、ぶどうのように種が口に残るものは、懐紙に取り出す。みかんの袋は皮に取り出し、最後に小さくまとめて懐紙に包む。

日本料理を食する機会には、正しい日本料理の食べ方について知っていれば困ることは少なくなりますね。でもこれはあくまで基本であって、その場の雰囲気をこわさないようにして楽しくいただくのが一番良いことです。状況や同席する人たちに合わせることも大切だと思いますので、正しい知識を持ったうえで臨機応変な対応ができればいいですね。

日本サービスマナー協会
理事長 沢野 弘
コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://manner66.blog9.fc2.com/tb.php/2569-ef96a4d6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



プロフィール

Npo法人日本サービスマナー協会

Author:Npo法人日本サービスマナー協会
日本サービスマナー協会では、マナー講師や社員研修講師などの認定講座の他、一般の方を対象にしたマナー講座などを開催しています。



検索フォーム



カテゴリ



最新記事



月別アーカイブ



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QRコード



RSSリンクの表示



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる