日本サービスマナー協会ブログ
マナー講師養成講座・コーチ養成講座などの認定講座や電話応対研修などの各種社員研修を実施しています。
電話応対の重要性-日本サービスマナー協会

ビジネスでもプライベートでも電話の応対が苦手な方も多いと思います。



電話は相手の顔色や状況が見えない分、 直接会って会話をするより

大変気を使いますね。



特にビジネスでは電話応対が会社の印象を大きく左右することも多々あります。



今回はビジネスマナーの基本として電話応対のマナーについてご紹介します。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



電話での応対は応対者の表情や態度がお客様に見えないばかりか、

受話器を通すと声も平坦に聞こえてしまいます。



気持ちを声に乗せ、相手に伝えるためには以下のことを意識して話す必要があります。



~電話応対の音声表現のポイント~



【大きさ】

大きすぎると周りに迷惑をかけることがあります。

また小さすぎると相手に暗い印象を与えてしまうことがあります。

適度な声の大きさを心がけましょう。



【速さ】ペース

早口は威圧的に聞こえることがあります。

相手と効果的なコミュニケーションを図るためには、自分の話すペースをしっかり把握し

相手のペースに合わせられることが大切です。



【抑揚】イントネーション

ここで言うイントネーションとは、方言などのことではありません。

言葉の高低を変化させることによって表現することです。

語尾の上げ下げもイントネーションを使った音声表現です。



【卓立】プロミネンス

文章のある部分を際立たせることをプロミネンスといいます。

ペースや間の取り方を変えることで相手に強調したいことを効果的に伝えることができます。



【強さ】インテンシティ

言葉に込められる感情の強さと弱さを表します。

正しい抑揚で強調したいことを強調して話しても、そこに感情が込められていなければ

相手に正しく伝わらないかもしれません。

お詫びをする時、相手に共感する時、このインテンシティが必要です。



【間】ポーズ

句読点に関係なく、相手の理解や共感を求めるために間をとることが必要です。

「これは沈黙だ」と相手が感じるほど黙っていては問題ですが、

理解や共感を求めれるときは「間」を取って相手に考える時間を与えることが効果的です。

ただし、ずっと「間」をとってはいけません。

これでは単調な話し方になってしまい、注意力を散漫にします。





~電話応対での聞くスキルのポイント~



・自分の話は控えめに

相手に多くのことを話してもらい、相手のニーズを理解します。



・相手の立場で考える

相手の問題やニーズは重要なものであり、相手のものの見方を聞きとるようにすれば

相手をよりよく理解することができます。



・質問をする

もし理解できないことがあったり、大事なことを聞き逃したと感じたら、

後で混乱しないようにその時点で明確にしておきます。



・話をさえぎらない

話の『間』は必ずしも相手が言いたいことをすべて言い終わったという意味であるとは限りません。



・メモをとる

書き留めることで重要な点を忘れないようにすることができます。

メモをする内容を選びましょう。言われたことを全部書こうとすると話について行けなくなったり、

本筋から離れた些細な点にこだわってしまうことになる可能性があります。



・単なることばではなく、考えに耳を傾ける

話の断片だけではなく、全体をとらえるようにします。



・あいづち

「さようでございますか」「かしこまりました」などの言葉をつかいながら応対すると、

親身になって聴いていることを相手に示すことができます。

ただし、つかいすぎや無意味な空返事になってしまわないよう注意します。



・心配事を追い出す

電話に関係のない個人的な不安や悩み、問題を抱えていると

相手のメッセージを聴きとるのに障害になります。





いかがでしたか?ポイントを掴めば苦手意識も変わり、自信を持って電話応対に

臨めると思います。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・





電話応対研修」企業やお店のイメージをアップする

http://www.japan-service.org/seminars/business/tel/



電話応対のマナーも学べるお得なセット講座

http://www.japan-service.org/seminars/business/setsugu/





日本サービスマナー協会では、マナー講師養成講座をはじめとした、人気の認定資格講座を数多く開催しています。

http://www.japan-service.org/qualification/





新入社員教育から管理者研修まで多彩な社員研修プログラムを開講

http://www.japan-service.org/training/

 


電話対応研修
電話対応研修

お客様にとって、電話対応の印象はそのまま企業のイメージへと繋がります。
また、ビジネスの場においてお客様と担当者とを繋ぐ仲介役には大きな責任が伴います。
しかし、電話という機械を通してコミュニケーションを取ることを苦手としている人は意外に多いのではないでしょうか。加えてEメールが普及したこの時代、電話での対応に不慣れな方が増えてきたように思います。
「苦手」や「不慣れ」を取り除き、自信を持って電話応対に臨みましょう。

電話対応研修
①電話のマナー(第一声・保留・クロージング)
②言葉遣い
  (敬語・好感を持たれる表現・ふさわしくない表現・
   電話でよく使う言葉遣い・前向きな話し方)
③音声表現(発音・発声・滑舌・電話の音声表現のポイント)
④聴くスキル(効果的な聴き方)
⑤状況を把握するための質問するスキル(オープン質問とクローズ質問)
⑥お客様への意識(良い電話応対と悪い電話応対とは)
⑦実践!ロールプレイングとフィードバック

電話応対研修の日程はこちら(東京・名古屋・大阪・福岡)

ビジネスマナーの基礎から学びたい方は同日午前中のビジネスマナー研修と合わせてお申込ください。その際の受講料は2講座で35,000円といたします。

企業・学校・各種団体などでの講師が出向く形の社員研修等もご要望に応じて実施させていただきます。
お問い合わせフォームまたはお電話でお気軽にお問い合わせください。
東京 03-6278-7051
大阪 06-6809-4141
福岡 092-724-7091
名古屋 052-265-7346
電話応対研修-日本サービスマナー協会
電話応対研修

お客様にとって、電話応対の印象はそのまま企業のイメージへと繋がります。
また、ビジネスの場においてお客様と担当者とを繋ぐ仲介役には大きな責任が伴います。
しかし、電話という機械を通してコミュニケーションを取ることを苦手としている人は意外に多いのではないでしょうか。加えてEメールが普及したこの時代、電話での対応に不慣れな方が増えてきたように思います。
「苦手」や「不慣れ」を取り除き、自信を持って電話応対に臨みましょう。

電話応対研修
①電話のマナー(第一声・保留・クロージング)
②言葉遣い
  (敬語・好感を持たれる表現・ふさわしくない表現・
   電話でよく使う言葉遣い・前向きな話し方)
③音声表現(発音・発声・滑舌・電話の音声表現のポイント)
④聴くスキル(効果的な聴き方)
⑤状況を把握するための質問するスキル(オープン質問とクローズ質問)
⑥お客様への意識(良い電話応対と悪い電話応対とは)
⑦実践!ロールプレイングとフィードバック

電話応対研修の日程はこちら(東京・名古屋・大阪・福岡)

ビジネスマナーの基礎から学びたい方は同日午前中のビジネスマナー研修と合わせてお申込ください。その際の受講料は2講座で35,000円といたします。

企業・学校・各種団体などでの講師が出向く形の社員研修等もご要望に応じて実施させていただきます。
お問い合わせフォームまたはお電話でお気軽にお問い合わせください。
東京 03-6278-7051
大阪 06-6809-4141
福岡 092-724-7091
名古屋 052-265-7346
社員研修を検討の皆様へ
社員研修を検討するなら社員研修net

社員研修専門の社員研修ネットでは一般企業の社員研修をはじめとして、エアライン・ホテル・美容サロンなどの接客サービスが求められる業界や病院などの医療・介護分野、銀行などの金融機関など幅広い分野の社員研修に対応しています。

クレーム応対や電話応対、接客サービス研修などビジネスマナー教育等での社員研修を通じて、相手先の企業担当者やお客様に喜んでいただけるサービスがきちんと提供できるような技能を多くの人たちに身につけていただくための社員研修教育が提供できる事を日本サービスマナー協会では大きな目的としています。

社員研修ネットはこちら

社員教育・社員研修
社員研修を充実させるなら社員研修net

社員研修ネットでは一般企業の社員研修をはじめとして、エアライン・ホテル・美容サロンなどの接客サービスが求められる業界や病院などの医療・介護分野、銀行などの金融機関など幅広い分野の社員研修に対応しています。

クレーム応対や電話応対、接客サービス研修などビジネスマナー教育等での社員研修を通じて、相手先の企業担当者やお客様に喜んでいただけるサービスがきちんと提供できるような技能を多くの人たちに身につけていただくための社員研修教育が提供できる事を日本サービスマナー協会では大きな目的としています。

社員研修ネットはこちら

社員研修
社員研修を考えるなら社員研修ネット

日本サービスマナー協会の社員研修は一般企業の社員研修をはじめとして、エアライン・ホテル・美容サロンなどの接客サービスが求められる業界や病院などの医療・介護分野、銀行などの金融機関など幅広い分野の社員研修に対応しています。

クレーム応対や電話応対、接客サービス研修などビジネスマナー教育等での社員研修を通じて、相手先の企業担当者やお客様に喜んでいただけるサービスがきちんと提供できるような技能を多くの人たちに身につけていただくための社員研修教育が提供できる事を日本サービスマナー協会では大きな目的としています。

社員研修ネットはこちら

社員研修-社員研修net
社員研修を充実させるなら社員研修net

社員研修ネットでは一般企業の社員研修をはじめとして、エアライン・ホテル・美容サロンなどの接客サービスが求められる業界や病院などの医療・介護分野、銀行などの金融機関など幅広い分野の社員研修に対応しています。

クレーム応対や電話応対、接客サービス研修などビジネスマナー教育等での社員研修を通じて、相手先の企業担当者やお客様に喜んでいただけるサービスがきちんと提供できるような技能を多くの人たちに身につけていただくための社員研修教育が提供できる事を日本サービスマナー協会では大きな目的としています。

社員研修ネットはこちら

接遇サービス研修
接遇サービス研修

接遇サービスでは何が大切でしょうか。

お客様は利用する企業などの施設には必ず期待をお持ちになります。

今、お客様の期待をキャッチすることはできていますか?

接遇サービス接遇マナーも相手への思いやりであるホスピタリティの精神から全てが始まります。
そして、その思いやりの原点は想像力。

相手が何を望むのか、相手は今何を考えているのかを想像する力を 身につけ、そのニーズにあった「ホスピタリティ」を接遇応対で提供することが大切です。

この接遇マナー研修ではお客様の期待以上の満足を提供することで、お客様に喜んでもらい、さらなる顧客獲得を目指します。

接遇マナー研修の開催日程(東京・名古屋・大阪・福岡)はこちらから
http://www.japan-service.org/seminars/business/setsugu/

接遇マナー研修-日本サービスマナー協会
接遇マナー研修

お客様は利用する企業などの施設には必ず期待をお持ちになります。

今、お客様の期待をキャッチすることはできていますか?

接遇サービス接遇マナーも相手への思いやりであるホスピタリティの精神から全てが始まります。
そして、その思いやりの原点は想像力。

相手が何を望むのか、相手は今何を考えているのかを想像する力を 身につけ、そのニーズにあった「ホスピタリティ」を接遇応対で提供することが大切です。

この接遇マナー研修ではお客様の期待以上の満足を提供することで、お客様に喜んでもらい、さらなる顧客獲得を目指します。

接遇マナー研修の開催日程(東京・名古屋・大阪・福岡)はこちらから
http://www.japan-service.org/seminars/business/setsugu/


社員研修なら社員研修ネット
社員研修なら社員研修ネット

一般企業の社員研修をはじめとして、エアライン・ホテル・美容サロンなどの接客サービスが求められる業界や病院などの医療・介護分野、銀行などの金融機関など幅広い分野の社員研修に対応しています。

クレーム応対や電話応対、接客サービス研修などビジネスマナー教育等での社員研修を通じて、相手先の企業担当者やお客様に喜んでいただけるサービスがきちんと提供できるような技能を多くの人たちに身につけていただくための社員研修教育が提供できる事を日本サービスマナー協会では大きな目的としています。

社員研修ネットはこちら




カレンダー

05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30



プロフィール

Npo法人日本サービスマナー協会

Author:Npo法人日本サービスマナー協会
日本サービスマナー協会では、マナー講師や社員研修講師などの認定講座の他、一般の方を対象にしたマナー講座などを開催しています。



検索フォーム



カテゴリ



最新記事



月別アーカイブ



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QRコード



RSSリンクの表示



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる